高梨は四回途中で降板

今日の福岡ソフトバンク戦で先発した高梨は、初回と二回に合計6点を取られたが、栗山監督はそのまま続投させていた。
三回は三者凡退で抑えた高梨だったが、四回裏に一死から九番打者に四球を与え、次打者は打ち取ったものの併殺が取れず二死二塁となり、続く打者に対してカウント2-0とボールが先行したところで敬遠を選択。
二死一二塁となったこの場面で栗山監督は高梨に替えて上原をマウンドに送り、結局高梨は三回と2/3を投げての降板となった。
味方が三回と四回に1点ずつを返して4点差としたのに降板とは残念だねぇ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す