斎藤佑樹投手が今年も好調のようだ(苦笑)

北海道日本ハムファイターズがキャンプ中の今、斎藤佑樹投手が練習試合で好調らしい。
アメリカアリゾナでの練習試合で2回を無安打無失点、宜野座での試合でも同じく2回を無安打無失点に抑えている。
開幕ローテーション入りまっしぐら!と言いたいところだが、この選手はそうは簡単にはいかない。
毎年のようにキャンプの前半から半ばにかけては好調で、年によっては開幕直前まで好調を続けていることが多いんだけど、シーズンが始まると崩れてしまい1年を通して活躍したことが無いから。
それでも入団初年度は6勝6敗と五分の星を残しているが、翌2012年はこの年から監督に就任した栗山監督に開幕投手に指名され、開幕戦で1失点完投で勝利投手になり初完投勝利をあげ、さらにはその後プロ初完封勝利もあげているにも拘らず、7月以降は故障もあり結局5勝8敗と負け越している。
その後は登板機会も少なく、2017年までの5年間で36試合に登板し(内、先発23試合)4勝9敗と数字を残せていない。
その癖、打たれてもインタビュー等では”調子は悪くない”等の発言が相次ぎ、マスコミやファンに叩かれることも多いように感じる。
調子が良くなくても勝てることはあるかもしれないが、調子が良くても勝てないのは実力が足りないからと気付いて欲しい。

こんな投手でもファイターズは球団に残しているので、なんとかして一軍の公式戦で数字を残して欲しいと思う。
ここ数年思っているが、今年駄目なら戦力外通告も有りかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す