リコール対象?

以前、世間を騒がせたタカタのエアバッグの問題。
アメリカでは死者も出るような事故も起きてしまい、結局タカタが全てのエアバッグの交換を行うことになってしまった。
実際には後ろ盾になっていたホンダにも見放されてしまい製造業としては戦後最大の倒産(民事再生法適用申請)となってしまった。
国道交通省は対象となるエアバッグを搭載し、メーカーからリコールの届け出が出ている車はそのリコールの対策措置を受けていない限り車検に合格させないという特例措置を発表している。
ウチの車も心配だったので車検証に出ている車台番号で検索したところ、既に対策済みと表示された。
リコールそのものは2015年6月に届け出がされていて、その後に別件でディーラーに修理に出した際に対策されたようだ。
いやぁ、一安心!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す