さすがASRock!

チラシを見ていたら変態的なマザーボードを発見。
変態マザーボードメーカーというとASRockが代表的だったが、最近は一般的な製品しか出していなかった。
そのASRockが出しているのが下の「H110 Pro BTC+」で、なにか変態的かというと、拡張スロットが13本もある点。
ATXフォームファクタではそこまで多くの拡張スロットを搭載できないが、なんとスロット間の隙間にも搭載してPCI-E16レーン1本と1レーン12本の合計13本を実装してしまった。
こんなに沢山のスロットを何に使うのか?と思ったら、ビットコイン等のマイニングに使うということを売りにしているようだねぇ、、、
久々に変態マザーを出してくれたのは嬉しいけど、個人的には全然使う機会が無いな、こりゃ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す