「イラストレータが入っていないなら入れて貰え!」って言ってもねぇ、、、、

とある会社でイメージデータを作るのにadobeのイラストレータが必要なんだけど、生憎インストールされているPCが無いそうな。
そこで部門の責任者が言った台詞が
「イラストレータが入っていないなら入れて貰え!」
、、、、、、、、、
あの、そのソフトがいくらするか知っているんでしょうか?(知らないから言えるんだろうけどね)
まさか違法コピーをしろと言うことではないよね?(と思いたい)
使用許諾契約という言葉すら知らない人だから、違法コピーという意識も無いんだろうけど、聞かされているほうは気が気じゃ無いんですけどぉ!(爆)。

万が一違法コピーの教唆であれば通報しちゃうよ(マジで)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

3 comments to this article

  1. くろむ

    on 2010 年 9 月 29 日 at 6:09 PM -

    Adobe Illustrator CS5 Windows版は、アマゾンで70,366円。

    とりあえず入れると、試用で30日間は使えるので。

    30日後には、終了と案内が出て、わーっ今更どうしよう!ってなったりして欲しい。
    そして、そこで使用許諾契約を調べるところからはじまるとか。

    本当に入れて貰え!でインストールされていたら、どんなにか…と思う。

  2. 千歳

    on 2010 年 9 月 30 日 at 9:55 AM -

    最近聞くことが少なくなった言葉ですねぇ。
    あー、CS5にアップデートしたいなぁ。
    1200DPIのA3データ。さすがに64ビットじゃないとツライ…。

  3. tan

    on 2010 年 9 月 30 日 at 12:03 PM -

    くろむさん
     アマゾンでその値段ですか、、、
     もっと安ければちゃんと買って貰えるんですけどねー。
     結局インストールされているPCのあるところまで行って作業するらしい・・・・

    千歳さん
     1200DPIのA3データって、それは素人が扱うデータじゃ無いような・・・・・・・
     単純計算でもドット数が約275,605,380個にもなるので、色情報も含めると展開された状態でどれだけのメモリを必要とするのか、、、、、

コメントを残す