トラッキング情報が判り難い件(汗)

eBayで注文した商品(ThinkPad E540用の液晶パネル)が一昨日の夜に日本に到着し、昨日通関処理を終えた。
国内に入ってしまえばあとは東京から北海道までなら中一日で届く筈。
なので今頃はどの辺かなぁ?と思ってトラッキングしてみた。
そうしたら、
Delivery Attempt Chiba-Shi, JP 2017-07-14 02:39:00 pm
と表示された。
あれ?配達できなかったって?
しかも何故千葉市なの?
もしかして誤配達しようとして不在だったので持ち帰ったとか?
いや、でも、配達先は北海道の私の住所になっているし、一体何が起きたのだろう?
配送はFedExらしいので、そちらのトラッキングシステムを使ってみると、
2:39 pm Delivery exception CHIBA-SHI JP
Customer not available or business closed
と出てきて、やはり千葉市のどこかに届けようとして不在もしくは営業していなかったとなっている。
おかしいな、と言うことでググってみると、千葉市にはFedEXの配送を委託している業者があって、そこへの配送が出来なかったということらしい。
というわけで誤配でもなんでも無かったということだけど、もうちょっと判り易くしてくれないとなぁ、この辺が国内の業者と違うところだなぁ。

ちなみに昨日の記事に書いた”parceltracking.pb.com”というサイトからFedExのトラッキングシステムへ飛ぶことが出来るが、表記が全て英語で少々判り難い。
そこで、FedExのトラッキングシステムのurlを一部書き直すことで日本語で表示させれば随分と楽になる。
具体的には
https://www.fedex.com/apps/fedextrack/?tracknumbers=トラッキングNo&cntry_code=us
のラストの”us”を下記の様に”jp”に書き直して再表示すれば日本語で表示される。
https://www.fedex.com/apps/fedextrack/?tracknumbers=トラッキングNo&cntry_code=jp
トラッキングNoの部分は修正しなくてOK。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す