ファイターズ連勝!

北海道日本ハムファイターズは名古屋での中日三連戦に臨んでいた。
最終日の昨夜は前夜に続き5-4で勝って連勝、このカードを勝ち越した。

序盤は両チームとも無得点、ファイターズは二回以外は四回まで全て得点圏に走者を送ったものの適時打が出ない。
先発の上沢は二回以外は三者凡退に切って取る好投を見せた。
試合が動いたのは五回、安打と四死球で得た二死満塁の好機に市川が2点適時打を放ってようやくファイターズが先制。
その裏に1点を返され2-1となるも続く六回にも1点を追加し3-1とリード。

このまま行けば上沢が勝ち投手となるところだったが、六回裏の二死二塁から適時打を打たれ1点差にされてしまうと、次打者に四球を与えたところでマウンドを降りることに。
昨夜プロ初勝利をあげた公文が後を受けたが、その公文が交代直後に適時打を打たれ試合は3-3の振出しに戻る。
ファイターズは八回に勝ち越しに成功したが、その立役者は代走で出た大累だろう。
一死から安打で出た矢野の代走で一塁に出ると、続く太田の安打で二塁へ、相手投手の暴投で三塁へ進む。
ここで打者の松本が一塁後方へファウルフライを打ち上げると、一塁手が捕球すると同時に本塁へ突入し生還、前夜に続き決勝点のホームを踏んだ。
ファイターズはさらに西川の適時打で1点を追加しリードを2点に広げてこの回の攻撃を終了。
八回の裏にマーティンが本塁打を打たれて1点を失うものの、最終回は増井が相手打線を三者三振に切って取り試合終了。
ファイターズは初戦こそ落としたがこのカード2勝1敗で勝ち越した。

今日からは交流戦で読売と最下位を争っているヤクルトとの三連戦。
ここで三連勝すれば交流戦の勝ち越しが決まるので、不調とはいえ東北楽天に勝ち越している相手なので侮ることなく試合に臨んで欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す