中田が勝ち越しの一発!

ワールドベースボールクラシック予選第二ラウンドの日本対オランダの試合は日本が中田の本塁打で勝ち越した。

日本が二回に先制し直後に同点に追いつかれ1-1の同点で迎えた三回の表、走者二人を置いて二死からこの大会で既に2本の本塁打を放っているファイターズの中田が放った打球はスタンド最前列に飛び込む勝ち越しの3点本塁打となった。
これで3点を勝ち越した日本だがその後も攻撃の手を緩めず、四球と安打で二死一二塁の好機を作り秋山が適時打を放ってさらに1点を追加。
これで5-1と4点のリードを作った日本だが、その裏に連打と犠飛で2点を返されてしまった。
ここはなんとか先発の石川に抑えて貰って、悪い流れを断ち切って欲しいところだったが、走者を一人置いてオランダの四番に同点の2点本塁打を打たれ同点に追いつかれてしまった。
走者がいなくなったところで、気持ちを切り替えて勝ち越しを許さないで欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す