ECSから超小型PCの新製品が登場、OS付で実売26K円

ECSが「LIVA」シリーズの新製品を発売した。
CPUとしてApollo LakeのCeleronN3350を搭載した「LIVA-Z」シリーズだ。
OS無しモデル「LIVAZ-4/32(N3350)」とWindows 10 Home 64bitプリインストールモデル「LIVAZ-4/32-W10(N3350)」の2種類がラインアップされ、実売価格はOS無しで23,000円前後、OS付で26,000円前後でその差3,000円。
こりゃOS付を買ったほうが得だけど、対応OSとしてWindows10の64bit以外にもLinux(Ubuntu16.40以降)があるので、そちらを使いたい人はOS無しを選ぶのだろう。
基本スペックはCPUがCeleronN3350(1.1GHz動作、2コア2スレッド)、メモリ4GB(DDR-3L SO-DIMMx2、MAX8GB)、ストレージeMMC32GB等。
インターフェースとしてUSB3.0x3+USB3.0TypeCx1があるので、USB3.0接続のHDDケースをつないで簡易的なファイルサーバとしても使えるかも?
ECS 小型デスクトップパソコン LIVA Zシリーズ Celeron N3350/メモリ4GB/eMMC32GB/Windows 10 Home LIVAZ-4/32-W10(N3350)
B01N4L4AFY

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す