追分駅に停車

札幌に向かっている特急が本来なら通過する追分駅に停車した。
これは運転停車ではなく、乗客の乗降を伴う停車。
先の記事に書いたように追分と南千歳の間で普通列車に遅れや運休が出ているので、それらの列車の乗客の救済措置とのこと。
ホームを見ると見える範囲だけでも数人の人が列車を待っていたようで、停車後にドアが開いたら乗り込んできた。
このようなことはニュース等で聞いたことがあるけど、自分の乗った列車で遭遇したのは初めてだ。
本当にあるんだなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す