「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第三十九話

2017年最初の放映回。
アバンでタービンズから来ていたアジーとエーコと鉄華団メンバーとのお別れのシーン、と思いきや一緒にいる筈のラフタの姿が無い・・・
あれ?と思ったら別の場所でなにやら昭弘と良い感じ(笑)、とはいえ何も無くお別れとなった。
で、OPが始まったらなんと新しくなっていて、曲はKANA-BOONによる「Figter」になっていた。
Fighter(初回生産限定盤)(DVD付)
KANA-BOON
B01N6J2ATZ
KANA-BOONと言えば2015年のRSRのオープニングアクトで、いきなりノリの良い曲「タイムアウト」を演奏してくれていたのを覚えている。
この年のRSRには第一期前半のOP(「Raise your flag」)を歌ったMAN WITH A MISSIONも同じ日に同じステージ(サンステージ)に出演していた。

話はテイワズ内で名瀬や鉄華団の台頭を快く思わない勢力が動き出し、それにイオク・クジャンが乗せられてしまうという。
イオクの部下たちは大変だなぁ・・・(笑)。
それでも権力者側なのでタービンズに対して有利なのは間違い無い。
どうなる?タービンズ!

EDにはビスケットの名前があったので「あれ?出てたかな?」と思って見直すと確かに出ていたけど、台詞らしい台詞は無く息を呑むだけ。
この一音のために声優(花江夏樹)さんを呼んだんだねぇ・・・

今回は戦闘シーンは名瀬の回想シーンにしかなく、当然バルバドスルプスは出てきても格納庫に置いてあるだけ。
予告では戦闘シーンはあるので、次回は誰かが・・・となるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す