SIGMAの「12-24mm F4 DG HSM Art」はかなり良いらしい

SIGMAの超広角ズームレンズ「12-24mm F4 DG HSM Art」のテスト結果が公表されている。
それを見ると旧型を大きく上回り、Canonの「EF 11-24mm F4L USM」に迫る性能らしい・・・
全体のスコアは「EF 11-24mm F4L USM」が上回っているけど、「12-24mm F4 DG HSM Art」は解像力と透過こそ少し劣るが、歪曲で僅かに上回り、周辺光量落ちや色収差においてはかなり勝っている。
特に周辺光量落ちは超広角ズームにしては驚異的で僅か-0.7EVに過ぎない(「EF 11-24mm F4L USM」は-1.9EV)のは素晴らしいと思う。
このレンズはフルサイズ対応なのでテストもフルサイズ機で実施しているが、センサーの小さいAPS-Cで使ったら光量落ちが判らなくなってしまうのではないだろうか?
これで価格が「EF 11-24mm F4L USM」の1/2程度なので、コストパフォーマンスは段違いに良いことになる。
「EF 11-24mm F4L USM」はワイド端が11mmという点がアドバンテージになるけど、この1mmに十数万円の価値を見出す人は少ないのではないのかなぁ?
とは言ってもどちらもおいそれとは買えないんだけどねぇ(汗)。
SIGMA 超広角ズームレンズ Art 12-24mm F4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応
B01LZJM7SY
Canon 超広角レンズ EF11-24mm F4L USM フルサイズ対応 EF11-24L
B00T90G8UI

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す