ファイターズ、逃げ切って3連勝!

今夜京セラドーム大阪で行われたオリックス対北海道日本ハムファイターズの最終戦は、3-4でファイターズが勝ち3連勝を飾った。

この試合、ファイターズの先発は今季入団し、ここまで6勝をあげている加藤。
その加藤は四回まで散発の3安打と相手打線を抑えると、打線は四回に陽の14号本塁打で1点を先行。
続く五回には先頭の近藤が二塁打で出ると、大谷が適時打を放ち2点目、さらに中田の二塁打と四球等で満塁とし二死後に連続四球による押し出しで2点を追加しリードを4点をした。
五回まで相手打線を0点に抑えていた加藤が六回に突如崩れ、3連打で満塁とされると続く打者にも安打を打たれ、これが2点適時打となって2点差になってしまう。
加藤はここで降板し、後を受けた鍵谷が代わり端に安打を打たれるが後続を打ち取り追加点を与えない。
その後、七回は石井、八回は谷元、最後は宮西がそれぞれ得点圏に走者を出すものの、失点は八回の1点のみに抑えてなんとか逃げ切った。
これでファイターズは3連勝となり、この時点での優勝までのマジックナンバーは”2”となった。

いやぁ、最後はハラハラものだったけど、なんとか逃げ切ってくれて良かったー。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す