8mmビデオが届いた

10年以上前に撮影した8㎜ビデオテープをDVDにダビングするためにオークションで落札した8㎜ビデオカメラ(CCD-TR55)が届いた。
出品者(ショップ)では電源(バッテリー、AC電源共)が無く、動作確認が出来ないというジャンク品。
帰宅後に手持ちのAC電源を接続して動作確認したところ、最初は通電しなかったのでやはりジャンク品かと一度は諦めかけたが、動作はするが映像の外部出力だけが出来ない手持ちの同じCCD-TR55でAC電源をチェックしたりしているうちに通電するようになった。
思うに電源端子に錆でもあって接触不良になっていて、何度かつけ外しをしている内に接触不良が改善したのかもしれないな。
ただ、ビデオの場合は電源が入ったからと言って安心は出来ず、走行系及びヘッド回りがちゃんと動作してくれないと再生ができない。
これは実際にテープを入れてみないと判らないが、もしも走行系に不具合があれば最悪の場合テープをダメにしてしまう可能性がある。
テストに使えるテープがあれば良いのだけど、手元にあるのは実際に録画済みでダビングをしたいテープのみ。
ダメ元で一本のテープを入れてみるとちゃんとローディングされ、早送りも巻き戻しも可能だった。
DVDレコーダーに接続して再生をしてみると無事に画像も音声も出力されたので一安心。
と思ったら再生できたのは最初だけで、その後はビューファインダーでは再生画像を見ることは出来るが外部(この場合DVDレコーダー)への出力がされなくなってしまった。
これではダビング出来ないが、一度は外部出力が出来たので諦めきれず、出力ケーブルをいろいろといじってみたりしていて、たまたまカメラを持ったまま立ち上がったところTVの画面に映像が映った(音声も出た)。
こちらもカメラ内部のどこかか、ケーブル端子辺りで接触不良を起こしていたのかもしれないが、折角無事に外部に出力出来たのでこのチャンスを逃さずDVDへのダビングを始めた。
テープの状態が良くないのでところどころで音声が途切れたり、映像にノイズが乗ったりしたが、なんとかテープ2本のダビングは無事に終了。
これで元のテープを処分できるようになったわけだけど、1円で落札したものとはいえ折角再生可能な機器が来たからちょっともったいないかも?(汗)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す