ファイターズ、大敗で首位陥落orz

昨夜札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対オリックスの第23回戦は1-11でファイターズが敗れた。

ファイターズ先発の有原がまたも期待を裏切るように初回から3点を失い、その後も三回にも3点を失い序盤で6点の大量リードを許してしまう。
さらに六回にも適時打で1点を与えたところで走者を二人残して降板し、引き継いだ井口が満塁のピンチに犠飛での1点にとどめたがここまで8点を失ってしまった。
後続の投手陣の中でも斎藤祐樹が替わった七回に二死を取った後で安打と四球の走者を置いて3点本塁打を打たれ、今季3度目の二桁失点としてしまった。
投手陣が崩壊した試合で打線も機能せず、8安打を放ちながらも適時打が出ず、四回に二塁打で出た中田が三塁に進んだところでレアードが適時打で1点を返したのみ。
これでは勝てるわけも無く、ソフトバンクが楽天に大勝したためにファイターズはゲーム差なしの2位に陥落。

悪いところはこの試合で全部出たと思って気持ちを切り替えて今夜の試合に臨んでほしいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す