ファイターズ、三連勝はならず・・・

昨日西武ドームで行われた埼玉西武対北海道日本ハムファイターズの第17回戦は6-2で西武が勝ちファイターズの同一カード三連勝はならなかった。

この試合、ファイターズが幸先良く一回表に1点を先制したが、先発投手が斎藤佑樹なのでここは何点でも欲しかったところ。
案の定その斎藤佑樹は一回裏に西武打線の攻撃を抑えられず、先頭打者にいきなり四球を与えた後に4連打で3点を失う苦しい立ち上がり。
二回裏にも二死をとったものの四球を与えてしまい、次打者に本塁打を打たれ2失点。
三回裏こそ三者凡退で抑えることが出来たものの、四回裏は二死から安打と四球で二死一二塁のピンチを自ら招きここで降板、3回2/3を5失点と言う先発投手としては全く持って使えないということを露呈してしまった。
後を受けた新垣が残りのイニング全てを投げ、7回裏に本塁打で1点を失うものの失点はそれだけで抑え、打線の反撃を待った。
その打線は八回まで何度も走者を出すものの、決定打が出ず無得点。
九回表にようやく1点を返し、さらに満塁と一発出れば同点と言うチャンスだったが、後が続かず試合終了。
2回までの5失点が無ければ接戦となっていただろうと思われるが、先発の斉藤が試合を台無しにしてしまった。
それでも二番手の新垣が今後につながる良い投球をしてくれたのが救いだと思いたい。
この敗戦を糧に今日からのソフトバンク三連戦に臨んで欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す