コンサドーレは首位を堅持

ファイターズが13連勝を飾った昨日は、同じ”北海道”をチーム名に関する北海道コンサドーレ札幌(以降コンサと表記)はアウェーでセレッソ大阪と対戦し、0-0のスコアレスドローで勝ち点1を獲得、J2リーグの首位を堅持した。
ここ数年(2013年から)J2で戦っているコンサは、2016年シーズンは好調で一昨日(7/8)時点で14勝3分3敗の勝ち点45で首位だった。
2位は勝ち点2の差で追うセレッソ大阪(ただし試合数は熊本地震の関係でコンサが1試合少ない)。
昨日の試合はこのセレッソ大阪との首位の座を賭けての戦いとなった。
結果はスコアレスドローとなったが、お互いに勝ち点1を得たために勝ち点差は変わらず、コンサの首位は守られた。
勝つのが最良ではあったが、アウェーでの勝ち点1獲得は結果としては悪くないのではないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す