ファイターズ、斎藤祐樹の先発でも7連勝!

昨夜、札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武の14回戦は、ファイターズが7回に3点を勝ち越してそのまま逃げ切り7連勝を飾った。
ファイターズの栗山監督は先発投手として斎藤祐樹を登板させた。
その斎藤は5回表二死を取って相手四番のメヒアを打席に迎えたところで降板したが、そこまで5安打を打たれ四死球4個を与えながらも2失点で粘り、勝ち負けこそ付かなかったがなかなか良かったと評価しても良いかも。
試合は2-2の同点で迎えた7回裏にファイターズが二死一塁から連続四球で満塁のチャンスを得て、二日前の試合で同じ満塁から同点となる二点適時打を放った田中賢介がこの試合も走者一掃となる適時三塁打を放ち、一気に三点を勝ち越し。
8回表を谷本が代り端にいきなり二塁打と四球で無死一二塁のピンチを招き、ここで迎えた打者は四番のメヒア。
本塁打が出れば一気に同点という場面だったが、ここは谷本が踏ん張り、メヒアと続く浅村を三振に切って取る等後続打者を抑え無失点で切り抜けた。
9回表にはマーティンがマウンドに上がり、失策絡みで1点を失うもなんとか逃げ切ってファイターズが勝利。
首位のソフトバンクがロッテに勝ったためにゲーム差は9で変わらないが、2位のロッテの差は1.5ゲームに縮まった。

この日で6月の全日程を終了し、15勝7敗と大きく勝ち越した。
明日(7/1)からの福岡でのソフトバンク戦もこの勢いで臨み、最低でも勝ち越し、出来れば3連勝して欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す