ファイターズ大谷が読売の連勝を止めた!

プロ野球交流戦の「読売対北海道日本ハムファイターズ」の第三戦は東京ドームで行われ、前日まで連敗を喫していたファイターズが勝って交流戦負け無しだった読売に土を付けた。
この試合ファイターズの先発は大谷で、初回の先頭打者にいきなり本塁打を打たれ1点を失うが、その後は3回までの打者9人から三振5つを奪い無安打とピシャリと抑えた。
1点を先行されたファイターズだが3回に2四球と安打で得た好機に田中賢介の2点適時打で逆転すると、この試合5番に入っている大谷が中堅に犠飛を打ち上げこの回合計3点を奪った。
先発の大谷は4回に一死満塁のピンチを迎えるが、ここはバックの堅い守りもあって無失点で切り抜け、5回と6回は三者凡退、7回に安打を打たれるが後続を抑え無失点。
そうすると8回には四球で出た田中賢介を一塁に置き中田が6月に入って5試合で4本目となる12号2点本塁打を放ち2点を追加、続く大谷は凡退したものの6番に入っている陽が5号本塁打を打ちこの回3点を追加。
大谷はその裏には四球で走者を出すがここも後続を打ち取り無失点。
9回裏に守備の乱れもあって1点を失うがそれ以上の反撃を許さず、大谷は6安打を打たれながらも三振10個を奪う力投で9回を投げぬき4勝目をあげた。

ファイターズはこれで交流戦の勝敗を五分に戻し、7日からの広島戦に備えることになった。
現在セ・リーグ首位の広島だけど、交流戦ではイマイチなのでここはぜひ勝ち越して貰いたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す