「ばくおん!!」第九話

前回が真冬の話だったのに、劇中では早くも春が来た。
冬の間は寒いからあんまり乗らなくて話のネタが少ないのかな?

前々回のラストにちょっとだけ顔を出した新キャラが本格的に登場。
合わせてOPとEDにも登場しているが、カットのつながり等に違和感を感じさせないのは流石だな。
この”中野千雨”ちゃんの髪型(と苗字)は”けいおん!”の”中野梓”に合わせたのかな?(笑)

で、来夢先輩は安定の”留年”と・・・
たづこの回想シーンに出て来た男が乗っていたのは昔懐かしいホンダの「MVX250F」。
しかも4本マフラーに見えるオプション付き(笑)。
相手をした来夢先輩が乗っていたのは同じ2スト3気筒の「MACH」(III?)
「KH400」とかでは無くて「MACH」というのがマニアック(笑)。
「MACH」というと”人造人間キカイダー”に出て来る”サイドマシン”もそうだったな・・・
どっちのバイクも後ろにオイルを飛び散らせる点は同じ。
「MVX250F」の3本のサイレンサーの内、上にある一本は特に酷かった記憶が。
ヤマハの「RZ250」やスズキの「RG250γ」もそうだけど、この「MVX250F」は3本目のマフラーが高い位置にあるのでそこから飛び散ったオイルがライダーの背中に付くのが多く、白い服を着ては乗れなかったという(笑)。
またシリンダー配置(前2・後1)のせいで後ろ側1気筒の冷却が不足することが多く、回し過ぎると焼き付くのは後ろ側の気筒だったというのは有名な話(水冷なのに)。
そんなこともあって販売されていた期間は僅か一年と言う短命に終わったバイクだ。
ホンダもその後他の3メーカーと同じ2気筒のNSR250R(V型2気筒)を出し3気筒エンジンはやめちゃったので、今でも変わり種として記憶に残っている。
この頃は各社2スト250cc(「RG250(γ)」「RZ250(R)」「KR250」「MVX250F」等)を出していて面白かったな。
しかも私の周りには全て揃っていたと言う(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す