ファイターズ、逆転でヤクルトに連勝!

昨夜札幌ドームで行われたプロ野球セ・パ交流戦の北海道日本ハムファイターズ対東京ヤクルトの三回戦は、ファイターズが逆転で連勝した。

この試合、先制したのはヤクルトで、一回表に二死満塁からファイターズ先発の加藤が押し出しの四球で1点を献上。
しかし直後のファイターズの攻撃で2番田中賢介・3番大谷が連打で出塁すると4番中田は四球で満塁。
5番のレアードは凡退で二死となるが6番の西川がフルカウントから押し出しの四球を選び同点。
続く7番の大野が左翼への適時2点二塁打を放ち3-1と勝ち越しに成功。
ところがその後ヤクルトが追い上げてきて、3回に1点、4回にも1点を取られ同点に追いつかれると、さらに2番手井口が3点本塁打を打たれて3-6と逆転を許してしまう。
調子の悪い時ならこのままずるずると負けてしまうところだが、このところ好調なファイターズ打線は止まらない。
4回は無死一二塁のチャンスにクリーンアップが凡退し無得点、5回は三者凡退と無得点に終わったが、6回に一死満塁とすると4番の中田が替わった秋吉から今季第10号の満塁本塁打を放ち一気に逆転。
ファイターズが四番の一振りで試合をひっくり返した。
7回にも陽の適時二塁打で1点を加えたファイターズが逃げ切りヤクルト相手に連勝し、このカードを勝ち越した。

ファイターズは今日(6/3)から東京ドームで読売との三連戦を戦うことになる。
今の調子でセ・リーグ及び交流戦首位を撃破だ!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す