ファイターズ、三連勝はならず

今日4/17の北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテの試合は延長10回で決着した。
10回表にファイターズ増井がふがいない投球でロッテに三点を献上すると、その裏のファイターズの攻撃時には反対にロッテが守備の乱れや四球で二死満塁のチャンスをファイターズに作ってくれた。
2-5で始まった10回裏のファイターズの攻撃は3番田中の三振で二死一二塁となり、4番中田の打席の途中でTV中継が終わってしまった。
中田に一発が出れば同点になったのだけど、結局中田は粘って四球を選び二死満塁。
ここで9回裏に同点適時打を放った近藤が登場、長打が出れば一気に同点、一発が出れば逆転サヨナラの場面だったが、そうは上手くいかなかった。
それでも近藤は四球を選び押し出しで1点を取って2点差に追い上げ、なおも満塁のチャンスが続いた。
一打同点のチャンスに前の打席で3塁強襲の内野安打を放ったレアードに期待が集まったが、レアードの打球は3塁へのゴロとなり相手の失策も無くアウトとなって試合終了。
残念ながらファイターズの連勝は2でストップ、同一カード三連勝もならなかった。
試合に負けたのは残念だけど、怪我で試合から遠ざかっていた陽が代打で復活(結果は凡退だったけど)したり、9回に投げた高梨がそれなりに良いピッチングをしたのは収穫だったかな。
明日は試合が無く、明後日(4/19)から札幌ドームで埼玉を迎えての三連戦があるので、そこでも勝ち越しをして欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す