HDDが安くなったなぁ、、、、、

最近大容量(具体的には2TB)のHDDが値下がりして、9,000円以下で売られているのが当たり前になっている。
一昨日には個数&期間限定ながら667Gプラッタの2Tが8,000円台前半で、しかも送料無料で売られていた。
売っていたのはソフマップの通販だったが、気付いたときには既に限定数完売で購入できなかった。
期間は翌日の午前9時迄となっていたが、さすがにそこまでは持たなかったようだ。
同じ日に札幌のツクモでは、500Gプラッタのモデルが8,480円、667Gプラッタのモデルが8,980円で売られていたが、こちらもかなり安いと思う。
2TBがここまで安くなると、わざわざ1TBとか1.5TBとかのHDDを買う必要が無い様な気がするが、Western Digitalの2TBモデルはWindows Xp以前のOSでは動作保証が無いので、安全性を考慮するのであれば1.5TB以下のモデルを購入したほうが良い。
※セクターサイズが512Bではなくなっている為。
2TBのモデルでもメーカーサイトからフォーマッタをダウンロードして再フォーマットをすればXp等でも使えるとの事だが、それに関してはメーカーの保証は無い。
それにしてもPCに触り始めた頃は容量の単位はKBで、HDDなんか存在すら知らず、データの保存はデータレコーダーで行なっていたのにねぇ、、、、
仕事でコンピュータを使うようになっても数十MBの磁気”ドラム”を相手にしていた(爆)。
その2~3年後に初めてHDD付きのPCを買った時のHDD容量は20MBだったし、、、、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す