2.4LでV8ぃ?

ニュージーランドのシナジー社というところが日本のメーカーのエンジンを元に排気量2.4Lのエンジンを開発し販売しているとか。
http://www.synergypower.co.nz/
まぁそれだけなら話題にもならないんだけど、このエンジンは2.4Lの排気量ながらV型8気筒の形式だと言うのが珍しい。
一般的にこの排気量なら直列4気筒もしくは多くても直列6気筒で、わざわざパーツ数が増える8気筒にする意味が無い。
(過去には三菱に気筒辺りの排気量はほぼ同じ6A10型という1.6LのV6エンジンがあって同社のミラージュに搭載していたこともある)
ではなぜこのエンジンがV8なのかというと、実はカワサキのスーパースポーツバイク「ZX-12R(NINJA)」の直列4気筒1200ccのエンジンを二基合体させたから(笑)。
シリンダーブロックからヘッドまでを流用し、腰下(クランクケースやクランクシャフト)を新設計して製作されたものとのこと。
なので排気量は元のエンジンのちょうど2倍の2.4Lとなる。
で、さらに面白いのはJUN AUTOがこのエンジンをスバルの「BR-Z」に搭載してしまったこと(笑)。
車載状態でシャシダイナモによる計測で最高出力が367ps、最大トルクが27.4kgf・mを記録したとのこと。
エンジン一基当たりのスペックは最高出力が178psで最大トルクがトルク13.6kgf・mなので、単純に二倍した以上の数値を記録していることになる。
普通は二基合体させても二倍までは行かない(内部損失が増えるため)ので、なんらかのチューンアップをしているとも思われるが、それにしても凄い。
とはいえ元はバイク用のエンジンなので超高回転型となっており、最高出力の発生回転数は10,000rpmオーバーだとか。
低速側のトルクがどうなっているかだけど、普通にクラッチミートすると簡単にエンストしそうだね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す