携帯電話の番号に「060」追加へ

現在携帯電話の番号に割り当てられているのは「090」「080」「070(の一部)」だが、今のペースで行くと3年後には枯渇する見通し。
そのため総務省は現在割り当てられていない「060」で始まる番号を割り当てる方針ということだ。
さらに通話を行わず端末同士の自動通信専用の番号として「020」から始まる番号を割り当てる方針も公表した。

私が携帯電話を買った頃は「030」で始まる番号で、遠隔地に行った際は「040」で始まる番号になった(北海道から東京とか、関東から福岡に掛ける際には頭の「030」を「040」にして掛ける必要があった)。
その頃デジタルツーカー(現ソフトバンク)に割り当てられたのが「020」で始まる番号だったという記憶が・・・(DDIセルラー(現au)はNTT docomoと同じ「030」で4桁目がが異なっていた。またPHSには「050」で始まる番号が割り当てられていた)。
その後携帯電話番号の11桁化にともない携帯電話は全て「090」で、PHSは「070」で始まる番号に統一されたが、それでも足りなくなって「080」が追加され、その後さらにPHSに割り当てられていた「070」の一部も携帯電話に割り当てられたが、それでも足りなくなってきた。
これは電話だけでなく、通信専用の機器(モバイルルーター等)も回線を占有するため番号を取るのも影響しているのだろう。
今後は先にも書いた「020」を割り当てられる機器が増えると、さらに桁数を増やす必要が出てくるかもね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す