さすがセキュリティソフトと言うべきか?

PC用のセキュリティ対策ソフトで無料のものを試しているが、某kingsソフトの無料版が凄い。
インストールするとIEを含むブラウザの起動に表示されるページが販売元のページに固定され、ブラウザの設定画面で変更が出来なくなる。
またブラウザが記憶している各種パスワードも管理出来るようになっている。
起動時のページの設定はこのセキュリティ対策ソフトの設定画面でロックを外すことが出来るようになっているが、デフォルトではロックされたままなので知らない人はびっくりすると思われる。
しかもそのページが非常に重いので、もしかすると表示の際になにかのソフトを埋め込んでいるのではないかと勘繰りたくなる。
さらに他のセキュリティ対策ソフトがインストールされていると、そのソフトの動作を止めるようになっている。
この機能も設定次第で解除することは出来るが、これも設定画面をこまめに見ないと判らないようになっている。

上記のことからこのソフトから思いつくのは、
・無料だけどブラウザ起動時に強制的に自社サイトを見せて有料版に切り替えさせようとしている。
・またその際にPCになにかを強制的にインストールしている可能性もある(本来はユーザーの許可が必要だけど、そこはシステムを書き換えてたり、他のセキュリティ対策ソフトの動作を止めてスルーしている?)。
・ブラウザが保持しているデータを扱えると言うことはそのデータをどこかに送っているかもしれない(憶測だけど)。
これではまるで一種のマルウェアじゃないか(汗)
さすがKの付く国で開発したソフトだなぁ、いくら無料で高機能でも自分の関係するPCには入れたくないね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す