芽室「赤ずきん」のコーンチャーハン

昨日は茶来居が臨時休業だったので、昼食を食べに芽室まで足を延ばした。
行ったのはトンカツが有名な「赤ずきん」。
このお店に行くのは何年ぶりになるか分からないくらい久しぶり。
前回行ったときに義弟が頼んだコーンチャーハンが美味しそうで、今回行った際に見たメニューの写真も美味しそうに見えたので注文した。
またこのお店はトンカツが売りなのでトンカツの載ったチャーハンにした。

出てきたものはメニューの写真のように美味しそうに見えたので、早速食べ始め・・・たわけではなく、まずは子供の分を少し取り分けた。
その後で私も食べ始め最初は良かったが、段々と食べるのが辛くなってきた。
どうも味付けが濃すぎるようで、子供も少し食べただけで口を付けなくなってしまった。
載っていたトンカツにかかっていたのも写真ではソースに見えたんだけど、これが実は味の濃い味噌ダレ。
味噌ダレのかかっていないところを食べるとトンカツ自体は美味しいというのが判るんだけど、味噌ダレがそれをぶち壊しにしている。
とにかくチャーハンもトンカツも味が濃すぎて食べきることが出来なかった。
濃い味が好きな人には良いのかもしれないが、私にはとても我慢できない味なので、もう二度と頼むことは無いだろうな。
あ、別に芽室町が売り出しているコーンチャーハンそのものを否定するつもりはなく、あくまでもこのお店のが私の口に合わないというだけ。
他のお店のは美味しいと思えるかもしれない。

妻が頼んだネギカツ丼は美味しかったので、やはりこのお店はトンカツがメインなのだなと。
なにせネギが苦手な妻がわざわざ頼むほどなので、次は私もそれにしようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す