BMW「118i」に三気筒1.5Lエンジンを搭載

ドイツの自動車メーカーBMWは1シリーズの「118i」に三気筒の1.5Lターボエンジンを搭載し、日本国内で9/5に発売する。
「118i」は昔だったら1.8Lエンジン搭載モデルを意味していたが、現在のモデル名の付け方は排気量では無く、モデル内でのパフォーマンスによって相対的に付けられている。
現行の「118i」にしても直列四気筒の1.6Lターボエンジン(N13B16A)を搭載しており、以前だったら「116i」と名付けられていた筈(実際2015年春以前は「116i」が存在した)。
同じN13B16Aを搭載していてもチューニングが異なり出力トルク共に大きくなっている「120iスポーツ」他のグレードも存在する。

ちょっと寄り道したが、9/5に発売になる新たな「118i」は三気筒の1.5Lターボエンジンを搭載しており、最高出力最大トルク共に現行の1.6Lエンジン搭載モデルと同じながら、最大トルク発生回転数を1350-4300rpmから1250-4300rpmに引き下げている。
また燃費も16.6Km/Lから18.1Km/Lと10%近く向上させている点も見逃せない。
BMWは一気筒辺りの排気量を効率が良いとされるおよそ500ccとしてエンジンラインナップを揃えてきており、新型にはそれらのエンジン(三気筒1.5L、四気筒2L、六気筒3L)を搭載してきている。
今回の「118i」もその流れに沿ったモデルということなのだろう。
価格は現行モデルから据え置かれ「118i」が298万円、「118i Sport/Style」が338万円、「118i M Sport」は358万円となっている。
排気量が1.5Lとなるため自動車税が1,501cc~2,000ccのクラスから一つ下の1,001cc~1,500ccのクラスになり、年額で5,000円(エコカー減税前の税額で)下がるのもメリットと言えばメリットかな?
日本では小型車に多い三気筒エンジン(特に軽自動車は殆ど)だが、1Lクラスの車種(「ミラージュ」「マーチ」「パッソ」等)は売れ行きが芳しく無いのが実情。
「118i」は購入者層が先に挙げた車種とは全く異なるので参考にはならないが、日本人の三気筒エンジンに対する(悪い)イメージがどう作用するかちょっと興味深いな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す