iPadもどきがいろいろと

AppleのiPadの売れ行きが好調だけど、台湾や中国のメーカーからもiPadのような端末が続々と発表or発売されている。
個人的にはAndroidOSを搭載したiPedなる端末が気になっているけど、今週は中国メーカーからOS非搭載ながらも中身はPC/AT互換機と同等のタッチパネル搭載の機器が発売になったらしい。
「iPad風のタブレットPCが登場、約3万円」に載っているが、中身はAtom搭載のPCそのものらしい。
いかにもパクリが得意の中国らしい製品だと思うけど、こういう端末でも需要はあるかもしれない。
なにせ中身がPC/AT互換機なので、OSやアプリケーションはPCと同じものが使えるのは有利だと思う。
HDD内蔵とのことなので、衝撃等が加わった場合に不安があるけど、iPadもガラス面を下にして落としたら終わりなので、あまり違いは無いかも(笑)。
見た目がiPadに似ているけど中身は普通のPCなので、個人的にはいらないなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す