やったー!なでしこ!!!

サッカーのFIFA女子ワールドカップ準々決勝の日本-オーストラリア戦は後半40分過ぎまで0-0の均衡が続いていた。
後半42分にコーナーキックからのプレーのこぼれ球からつないだボールを岩渕が押し込み待望の一点をもぎとった。
残り時間もあと僅かとなり、アディッショナルタイムは3分となった。
このまま守りきって準決勝に駒を進めて貰いたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す