「パンチライン」第六話&第七話

物語の転換となると言われていた第六話、及びそれに続く第七話を見た。
新たな事実が次々と判明してきて、今までの伏線の回収がされ始め、ある意味で急展開と言えよう。
主人公の声を井上麻理奈さんが演じているのも主人公(の肉体)が実は女だったということに関係していたのかと妙に納得(笑)。

それにしても未来を変えるために時間を遡るというのはありがちな展開だけど、この番組だとなんだかシュタゲっぽく感じるなぁ。
これでヒロインの誰かが「トゥットゥルー」とか言ってたら笑えるのに(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す