スズキ「ハスラー」にS-エネチャージを搭載(やっとか・・・)

スズキは軽自動車の「ハスラー」に省エネ技術である「S-エネチャージ」を搭載して今日5/13から発売した。
「ハスラー」のベースとなった同社の「ワゴンR」に搭載された同技術は発電用のジェネレーターを発進加速時にモーターとしても使用し、その際のエンジン出力を抑制することで燃料消費を抑える技術。
これを発売から一年以上を経過しても売れ行き好調な「ハスラー」にも搭載し、さらなる売れ行きアップにつなげたいと言うことか。
たしかに販売好調とはいえ4月からの軽自動車税額の50%もの大幅なアップで軽自動車全体の販売が落ち込んでいるのは確かなので、軽自動車販売がメインのスズキとしては販売アップになる商品が必要だったということも否めない。

今回の「S-エネチャージ」搭載はNAのCVT車に搭載されていた「エネチャージ」を置き換えるもので、注目の燃費は「エネチャージ」搭載車の29.2Km/L(FF車)に対し、32.0Km/L(同)とベースになった「ワゴンR」の32.4Km/L近くまで引き上げている。
そのため「S-エネチャージ」搭載グレードはエコカー減税の免税対象となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す