「長門有希ちゃんの消失」第六話

この作品は原作をとても上手にアニメ化していると思う。
原作でもよくキャラの顔がデフォルメされる(所謂”ぷよ顔”)が、これも上手く取り入れている。
ストーリーも原作に忠実(ただしシーンの入れ替え等は時折見られる)で、しかも原作を未読の人にもある程度判り易く作られていると感じた。

それにしても今回はラスト近くの小ネタで吹いた。
おそらくは杉田お得意のアドリブなんだろうけど、ゴーショーグンネタとかまどマギ一話ネタとかが出てくるとは思わなかったので、すっかりやられてしまった(笑)。
ま、目玉焼きの焼き方では無くて玉子に砂糖を入れるかどうかだったけど、ナカザワ君の名前まで出してくるなんて(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す