「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第二十三話

最終話も近くなりそろそろエンブリヲとの戦いも終わりが近そうな感じになってきた。
にも拘わらず相変わらずキャラクターに変な行動をとらせているのはどうにも・・・ならないんだろうな・・・
アンジュなんか「なにも持ってないし・・・」と言いながらお守りとして履いているパンツを脱いでタスクに渡すとかいきなりすぎるだろ(笑)。
そもそも女の子ってそういう発想をするものなのだろうか?これってごく一部の男(この場合FKDクリエイティブプロデューサー)の願望(というか妄想)なのでは無いだろうか?

帰って来たエルシャは牢(というか房)に入れられているようだけど、予告ではしっかりと復活しているんだよね、だったら最初から入れる必要は無いんじゃないか?
ジルもいくらアンジュに発破を掛けられたとはいえ唐突に復活してくるし・・・
そのアンジュは暴徒化しているとはいえミスルギ国民の一人を躊躇なく射殺するし・・・そんなに冷酷な人になっていたんだけっけ?
その後シルビアもいきなり歩けるようになるし・・・アンジュの説明的な台詞があるとはいえこれも唐突過ぎ、これならもっと前にそれっぽい描写をしておけよ(笑)。
伏線もなにもあったもんじゃない。
しかもアンジュとシルビアが絡んでいる間サリアは上空で待っていてくれるし(笑)。

そうそう、メイルライダー隊出撃後の一部にOPのバンク(色違いだけど)を使っているようだったけど、もしかして種死の再現?

あと少しでこのアニメが(ようやく)終わ(ってくれ)るけど、奈々様の歌と声が無ければ見続けていなかったな。

BDの四巻目がもうすぐ発売
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第4巻 [Blu-ray]
B00O73TH1Y
カバー絵はエルシャとドラゴン娘ヴィヴィアンなのね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す