iPad mini2と同様のディスプレイ搭載のタブレットが登場、しかも・・・

1/5にWindows8.1とAndroid4.4の両方でブートできるタブレット「X98 Air 3G」が発売になったという記事を書いたが、今度は同じくデュアルブート可能ながらも一回り小型の7.9インチタブレットが発売になった。
発売されたのは先の「X98 Air 3G」と同じメーカー(Teclast)製の「X89 DualOS」で、CPUがZ3735Fになっている点とディスプレイサイズが7.9インチになっているのが主な違い。
CPUがZ3735Fになってバースト時のクロックが1.83GHzに下がっている(Z3736Fは2.16GHz)が、通常時のクロックは1.33GHzで同じなので、負荷を掛けない限り使用感にはあまり違いが無いかも。
ディスプレイが9.7インチから7.9インチになっているが解像度は同じ2048*1536なので、表示される情報量は同じとなる(が、老眼には厳しい)。
サイズと言いディスプレイの解像度と言いデザインと言いiPad mini2に良く似てるよなぁ・・・
価格は少し安くなって赤札天国で23,980円(現金会員特価)となっている(「X98 Air 3G」は同じく25,980 円だが品切れ)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す