ランエボXの最終型?

三菱自動車の「ランサーエボリューション X」の最終進化型ストリートモデルと言われる「ランサーエボリューション X Final Concept」が東京オートサロンで発表される予定。
ベースは「ランサーエボリューション X」のGSR(6速SSTは生産終了のため5速MT)で、外装をブラック一色でまとめ精悍なイメージを演出している。
中身も大幅に強化されタービンをHKS製のスポーツタービンに変更するほか、吸排気系や冷却系のパーツやECSも同社製に変更することで最大出力は480馬力にまで高めてあるとのこと。
480馬力という出力はR35型のGT-Rの初期型と同じだけど、GT-Rのエンジンは3.8LのV6ツインターボ(VR38DETT)で、ランエボは僅か2Lのエンジンで同じパワーを出して来たのにはちょっとびっくりだ。
「ストリートモデル」と銘打ってはいるけど現時点では市販前提かどうかは不明。
もし市販されるならどんなプライスタグが付けられるんだろう?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す