今年(2014)のRSR その31

深夜に自宅から子供を連れて会場内駐車場に戻り、そのまま車の中で仮眠をとったわけだが、気温が下がってきて車内にいても寒くなってきたので上はフリースを羽織り、足にはジャンバーをかけて寝た。
その内に山下達郎のステージを観に行った妻が戻ってきて同様に仮眠をとったが、あまりに寒いので車のエンジンをかけて暖房を入れるという羽目に(汗)。
3時半から大トリのフィッシュマンズのステージが始まることになっていて、目は覚めたがなかなか動き出せず結局車を出たのは4時を過ぎてから(汗)。
駐車場からテントサイトに向かう途中でサンステから聞こえてくる音を聴きながら歩いていると、真っ赤な朝日が見えてきた。

テントサイトに戻る途中で見えた朝日。

テントサイトに戻る途中で見えた朝日。

今年は朝日を観ることが出来たが、これは2009年以来5年ぶり。
しかも2009年は雲の間からある程度登って来たのが見えたわけだけど、今年はかなり低い位置の太陽が見えたわけで、こんなに綺麗に朝日を観ることが出来たのはRSRに参戦するようになった2008年以降初めてのこと。

朝日を眺めた後はテントサイトに戻りタープと椅子等の撤収を開始。
寝ていた友人も起きてテントから出てきたので、一緒に荷物を片付けた。
ある程度の荷物は前夜の内に自宅に持って帰っていたがそれでもタープと椅子をキャリー2台に載せたうえで子供を乗せたベビーカーを押して車まで戻るのは大変そうだったので、先にタープと椅子一脚を載せたキャリーを車に置きに行った。
車を入退場ゲートから近い場所に移動しておいたのは正解だったな。
車から戻る途中で妻からの電話に気付き掛け直すと残りの荷物は一人で持てるのでテントサイトから駐車場に向けて移動中とのこと。
その妻を途中まで迎えに行き、サンステ区画とアース区画の中間辺りで合流し、途中のモニュメント近くで子供と一緒に記念撮影をしてからゲートを出て駐車場に。
子供と残っていた荷物を車に載せて駐車場を出発し、青空の下40分ほどで自宅に到着。
タープは干す必要があるのでベランダに出し、その他リュックの中身等を少々片付けて一息ついたところで今年のRSRは終了。
流石に疲れたけど、やっぱりRSRに行って良かったと思う、来年も行くぞー!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す