今年のペルセウス座流星群は今日がピーク

毎年たくさんの流星が出現するペルセウス座流星群は今夜がピークとなる見込み。
今年は満月に近い(しかもスーパームーン)月が放射点近くに見えるために観測条件は良くないが、それでも明るい流星は見えると思われる。
札幌では月の出(19:22)よりも早く放射点が北北東の空に上るので、運が良ければ月が出る前に少しは流星が見られるかも。
流星の出現が増えるのは0時を廻ってからなので、その頃には放射点はほぼ北東の空の高度40度くらいの位置まで上り、月は南南東で同高度あたりに位置するので、観測する方向を工夫すれば月が邪魔にならずに観測できるかも。
子供が早くに寝てくれて、私が起きていられれば見ることが出来るかも?

「国立天文台 天文情報センター暦計算室 」

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す