ドコモがTizenスマホの発表を再延期

NTT docomoは今日1/16に発表する予定だったTizen(Linuxベースのモバイル端末用OS)採用のスマートホンの発表を延期した。
昨年夏に公開する予定だったのを延期していたが、再度の延期というわけだ。
再延期の理由についてdocomoは公表しておらず、単に「発表時期は未定」とだけしている。
昨秋iPhone5s,5cを発売したことによりAdnroid端末が一部を除き売れ行きが落ち(特にGalaxyシリーズの落ち込みが大きいらしく、サムスンとの関係も良好とは言い難いらしい)、殆どの機種について在庫を抱えているためにこれ以上新製品を出してさらに在庫を抱え込むのを危惧しているのでは?という見方もある。
問題のTizenに関しても各アプリの動作を監視する「タスクマネージャ」の開発をサムスンが行っているという話もあり、OSとして信頼性が低いと言われているのも今回の再延期の理由かもしれないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す