ビットコインで車を購入?

アメリカのランボルギーニ販売店が発表したところによると、ある顧客がインターネット上の仮想コインである「ビットコイン」でEV「テスラ モデルS」を購入したとのこと。
日本では投資の対象となっていても決済手段としてはまだまだ使われることの少ないビットコインだが、アメリカでは支払い手段として使える店舗が増加しているとのことだ。
決済手数料等や手続きの面でもクレジットカード決済よりも簡単で費用も少なくて済むので、今後は使える店舗が日本でも増えることも充分考えられる。
問題は相場が変動的だということで、この一年で1ビットコイン当たりの価格が10倍以上に上がっており、一日の中でも変動幅が大きく取引のタイミングによっては支払額が大きく変わることもあり得る。
なにせ今年の10月頭にはBTC/USDが200ドル程度だったものが、今日12/9の11時半時点では820ドル、11月頭の最も上がった時には1200ドルを超えていたので、所有しているビットコインの価値が急降下する可能性もある。
取引の決済手段として使うにはもうちょっと安定してくれないと使い難いんじゃないのかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す