ランボルギーニ、「ヴェネーノ ロードスター」を発表

イタリアのスーパーカーメーカーであるランボルギーニはUAEのアブダビの海上で「ヴェネーノ ロードスター」を発表した。
その名の通り先に限定3台のみの生産とその価格(約4億円)で話題となった「ヴェネーノ」のオープン版で、エンジン等はクーペと同じで最高出力は750psに達する。
シャシーやボディにカーボンファイバーたCFRPを多用し、このクラスのオープンボディの車としては異例に軽い1,490Kgという車重を実現。
パワーウェイとレシオは2Kg/psを切りまるでレーシングカーだ(実際にこの車は公道走行も可能なレーシングプロトとされている)。
最高速度はオープンボディながらクーペと同じ355Km/hを実現、0-100Km/h加速はクーペより0.1秒遅いとはいえ2.9秒とこちらも爆速。

価格は330万ユーロ(日本円で約4億6,000万円)で、2014年中に9台生産される予定とのこと。
生産台数がクーペの3倍になるとはいえ希少な車になることには変わりが無いな。

4億って・・・札幌で販売されたマンションで2億円を超える物件はあったけど、4億ってのは聞いたこと無いなぁ、、、
現時点で一棟丸ごと売りに出ているマンションがあるけど、それでも3億5千万円だもんなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す