新型オデッセイの販売が好調

ホンダは11/1に発売した新型オデッセイの受注台数が12/1までに1万2千台に達したと発表した。
これは月間販売販売目標の3倍。
今回のフルモデルチェンジで大きく変わったオデッセイだったが、ユーザーの好みには合ったということか。
販売の内訳は高級グレードのアブソルートが全体の87%を占め、さらに2列目シートが独立している7人乗りが70%以上となるなど高級志向が感じられる。
ま、アブソルートのほうがエンジンの出力が大きくて値段も高いけど、実は燃費はアブソルートのほうが良いというのも影響があるのかな?
まだ発売されて一ヶ月なので新車効果で売れているんだろうけど、このまま売れ続けて行くのを期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す