3週目は興行収入/動員数ともに3位

映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」の3週目の興行収入及び観客動員数がともに3位であることが発表された。
観客動員数は前週と変化無いが、興行収入はランクを一つ落としている。
これは三谷幸喜監督の「清須会議」の上映が始まり初登場一位となったため(興行収入4億8371万6600円、動員数38万6994人)。
観客動員数のランクが変わらないのは前週2位だった「映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス」が動員数を落としたため。
週末の興行収入は2億円あまりで累計は12億3500万円まで数字が伸びた(プリキュアは週末1億円弱、累計で6億5600万円)。
前週と比較すると興行収入でおよそ3億7500万円の上乗せなので、週末の分を引くと平日は1億7千万円弱だったことになる。
うーん、なんか単にフィルムの効果だけでは無さそうな感じだなぁ(もちろん影響は大きいと思うけど)。
最終的にはどこまで伸ばしてくるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す