フィルムが13万ならサイン入り台本は・・・

昨夜ヤフオクで劇場版「魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語」の出演者サイン入りアフレコ台本(雑誌の懸賞の賞品)が落札されていた。
落札金額は驚きの180万円で、入札者は僅か二人。
スタート価格も高額な80万円だったが、終ってみれば100万円も上積みされた金額になっているという、ちょっと羨ましくなる事態。
ところがこの賞品は当選者が一人しかいないので、出版社(芳文社)にとっては調べるまでも無く誰が出品者なのかはモロバレ。
きららまどかにも当選者名が掲載されていたとのことなので、当選発表の掲載された号を持っている人には名前が判ってしまう。
仮に当選者が出品者でなくても譲渡もしくは転売したのは明らか(盗難の可能性もあるが盗品を出品すればそれこそアシが付く)なので、今後は同社からは目を付けられるんだろうなぁ。

それにしても180万円って・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す