「IS2」第五話

なにが始まったか?と思ったが、原作者の妄想を基にしたサービス回(イズル的にはそのつもりなんだろう)だった。
前回からの続きの展開は全く無く、ただただ女性キャラの肌を見せることに徹していた。
それはそれでぶれてなくて良いのかもしれないが、だとすると前回のラストの引きの意味は?
と思っていたらCパートでようやく話が動き出した(笑)。
正直言ってこの回はBDの売り上げを増やすためのもので、メインのストーリーには全く影響を及ぼさないので見なくても全く問題の無い回だったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す