ミライースの逆襲

ダイハツが19日に軽自動車のミライースをマイナーチェンジし、販売を開始した。
今回のマイナーチェンジでは燃費を軽自動車トップの33.4Km/L(FF車。4WD車は30.4Km/L)まで向上させ、アルトエコの33.0Km/Lを抜き返している。
また価格も最安グレード(D)の価格を79万5千円から5万円下げて74万5千円にし、その他のグレードも装備を充実させて実質的な値下げをしている点も注目だ。
例えば”X”グレードは価格据え置き(100万円)でアルミホイールが標準装備になっている。
さらに全グレードに60Km/h以上で走行中にブレーキを強く踏んだ場合にストップランプ以外にハザードを点滅させる”エマージェンシーストップシグナル”も標準で装備される。
またムーヴで採用された衝突軽減支援システム”スマートアシスト”を装着したグレードもムーヴ同様5万円高で設定され、最上級グレードの”G”は”スマートアシスト”装着のグレードであるG “SA”しか用意されていない(価格は2WDのG ”SA”で118万円)。

売れ筋は装備充実のG ”SA”かその下のX “SA”(105万円)辺りになるのかな?北海道では4WDのGf “SA”(128万円)かXf “SA”(115万円)辺りが売れそうだね。

それにしても燃費競争はまだまだ続きそうだなぁ、、、、、このままだと来年にはどれくらいまで伸びるんだろうか?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す