ホンダ、「フィットハイブリッド」の燃費を発表

ホンダは今日7/19に9月に発表予定の新型「フィットハイブリッド」の燃費を発表した。
それによると「フィットハイブリッド」の燃費(JC08モード)は現時点で国内最高のアクア(35.4Km/L)を1Km/L上回る36.4Km/Lとのこと。
現行モデルの「フィットハイブリッド」(26.4Km/L)と比較するとなんと10Km/Lも向上することになる。
これだけ大幅に燃費を向上させることが出来たのは、ハイブリッドシステムを現行モデルのIMAから「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive(i-DCD)」へと変更し、IMAでは不可能だったモーターのみでの走行を可能にしたことをはじめとする各種改良の結果といえよう。
「i-DCD」はモーターを変速機である7速DCDに内蔵し、IMAでは直結だったエンジンとの間にクラッチを挟むことにより、1モータながらエンジンとモーターを切り離しての走行が可能になっている。

また今回の発表と同時に外観写真も発表になっていて、見たところ雑誌等でスクープされていたデザインとほぼ同じように見受けられ、現行よりもシャープになったような印象がある。
気になる価格等は未発表。

以下はホンダによるリリース
——-引用開始——
Hondaは、今年9月に発表・発売予定の新型「フィット ハイブリッド」において、36.4km/L(JC08モード)という国内最高の低燃費を達成しました。

新型フィット ハイブリッドは、小型車に最適な1モーターの軽量コンパクトなハイブリッドシステム「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive(i-DCD、スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」を初めて搭載し、1モーターでありながらエンジンとモーターを切り離して走ることでモーターのみのEV走行を実現しました。
SPORT HYBRID i-DCDは、「楽しさ」と「低燃費」を高次元で両立させた新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の一つです。

新開発エンジンには、直列4気筒1.5Lの燃費に優れたアトキンソンサイクル(高膨張比サイクル)を採用し、高出力モーター内蔵の7速DCTとリチウムイオンバッテリーを内蔵したIPU(インテリジェントパワーユニット)を組み合わせました。さらに、電力回生効率を高める電動サーボブレーキシステムと、エンジン負荷を低減するフル電動コンプレッサーなどを採用し、従来のIMAハイブリッドシステムに比べ、35%以上の燃費性能向上を達成しました。

SPORT HYBRID i-DCDは、走行状況に応じて、エンジンとモーターを接続・切断することで、モーターのみの「EVドライブ」、エンジンとモーターの「ハイブリッドドライブ」、エンジンのみの「エンジンドライブ」という3つの走行モードを自動的に選択します。

ハイブリッドモデルとして国内トップの燃費性能に加え、従来モデルを超える力強い加速Gと、リズミカルで伸びのある加速感により、FUNな走りを実現しました。
——-引用終了——

正直、この時期に発表するとはちょっと驚いたな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す