運転中に太巻きを喉に詰まらせて事故って・・・・・・

北海道中川郡幕別町の国道38号線で乗用車が蛇行した後で路外に逸脱し歩道に乗り上げて街路樹に衝突するという事故があった。
この事故で乗用車を運転していた同町在住の87歳の男性が死亡したとのこと。
これだけなら単なる居眠り運転かとも思えるが、死亡した男性の口の中には運転中に食べていたと思われる太巻きが残っており、その太巻きが喉に詰まって意識を失い事故を起こしたものと考えられているとのこと。
また直接の死因も窒息死らしい。
今回は単独事故で済んでいるけど、もしも歩行者や他の車を巻き込んでいたらと思うとちょっと怖い。
運転中に物を食べる行為は注意力が散漫になるし、場合によってはこのような危険があるので極力避けるべきだと思うがねぇ、、、、、、

実はこの事故現場を事故のちょっと前(恐らく30~40分程度前)に通過してるんだよなぁ(汗)。
ちょっと通過時刻が違っていれば遭遇したかも、と思うと怖いね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す