壊れた(と思われた)PCと一緒に預かった

「落として動かなくなった(と思われた)」PCと一緒にしばらく使っていないというPCを預かった。
モノはHPのnx9005と言うノートPCで、聞くところによるとこの数年の間使われておらず、HDDから「カックンカックン」という音が聞えて数回に一度しか起動しないとのこと。
その通りだとするとHDDが壊れる寸前の状態なので、使えるようにするにはHDDの交換が必要だ。
他の作業が一段落してから電源を入れてみると、聞いていた様なHDDの異音は最初は聞えずOSも無事に起動したが、ログイン後に小さな異音が聞え始めた。
どうもユーザーデータかユーザープロファイルを格納している箇所に破損があるらしく、そこにアクセスした時に異音が発生しているようだ。
メモリも256MBしか搭載されていないのでそこからVRAM分を引いた192MBしかWindowsが使えるエリアが無い。
これでは動作中にHDDへのスワップが多発してHDDに余計な負荷をかけるので、使えるようにするにはHDDの交換とメモリの増設が必須かと思われる。
とはいえ古い機種でHDDがIDE接続でSATAよりもずっと高価だし、メモリもDDR1で比較的高価。
そこまで費用をかける必要も無さそうだし、どうせ使っていなかったので、勿体無いけどHDDの中身を処分して廃棄かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す