水道管の修理には保険が適用されなかった・・・・・・

昨日自宅の洗面所の水道管からの水漏れが発覚し、修理には結構な費用がかかりそうだ。
以前に台所の天井の水道管からも水漏れが有り、その際は修理費用を保険で賄ったと記憶していたが、調べてみると「水道管の修理」には保険が適用されないことになっていた。
そのため水漏れを起こした水道管の修理費用の殆どは自腹で支払っていて、一部のみ(たしか1万円だけ)が補償されていた。
ということは今回の修理費用も保険で補償されないということか?
と焦ったが、補償されないのはあくまでも「水道管の修理費用」であって、水漏れによって被害を受けた部分(前回は床や壁)の修理費用は保険が適用される。
実際に前回は床や壁等の修理(というか取替え)費用のかなりの部分は保険で賄うことが出来た。
今回も洗面所の壁の一部は張り替える必要があるし、壁のクロスは全面的に張り替えることになりそう(色や模様を合わせる為)。
天井も一部を壊さないと水道管の交換が出来ないので、天井も全面的にクロスの張替えが必要になるが、こちらはどこまで保険が適用されるかなぁ?
まぁ、業者さんと管理会社からの連絡を待って考えることにしよう。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す